エスピトーム株式会社 文字の大きさ:標準 文字の大きさ:大 ページトップへ トップページへ法人のお客様向けサービス個人のお客様向けサービス企業情報採用情報お問い合わせ「護りたい世界がある」の写真

HOME < 社員ダイアリー一覧

今月の言葉 2018年 4月

「智を去りて明あり 賢を去りて功あり 勇を去りて彊あり」『韓非子』(かんぴし)より

2018年4月の今月の言葉1


智を去りて明あり

賢を去りて功あり

勇を去りて彊あり

『韓非子』(かんぴし)より



知っているつもりであると、熟慮洞察に欠け、閃きや感動を得ず、中途半端な

知識が偏見を生み、より深い理解や心理に辿り着けない。

事細かに机上論を展開し、やり方に拘って格好つけるよりも、ただ方向を見定め

ゴールやビジョンを明確に持てば、後は愚直に邁進することで結果はついてく

る。

 

いたづらに虚勢を張ったり、思慮なく勇敢さを前面に出すのは、匹夫の勇でし

かなく、大勇(真の勇気)と呼べない。

泰然自若として、なすべきをなし、なさぬべきをなさず、淡々と邁進する事に、

強い心をもって進むことこそ大勇であり、物事をなすことができる。

ただただ具純に邁進する事を忘れてしまったら、現状に少しでも過剰な自信や

驕りをもってしまったら、成功も成長も生まないものであるということを捉え

ています。



半ば経験を積むと陥る罠。私たちも陥ることが無いよう努めて行きたいですね。





                                                           2018年4月今月の言葉作成者

2018年4月の今月の言葉2
 
このページの先頭へ